千葉で二重整形(埋没法)ができる有名美容クリニック2院

品川美容外科 千葉院

美容整形
みんな利用しているだけのことはある♪

湘南美容クリニック 千葉院

二重LP

CMでお馴染み

公式サイトはこちら

切開法と埋没法、それぞれのメリット・デメリット

一重が人によってはコンプレックスになる場合があります。コンプレックスを克服するための方法の一つに二重のプチ整形があります。整形手術を受ける前に手術後の傷跡について気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは整形手術の傷跡について説明します。

・切開手術
瞼を含め、切開による整形手術は珍しくありません。切開を伴う二重手術を行った際、瞼の傷跡は1週間程はっきりと残ります。1ヶ月程経てば傷は薄くなりますが、目を閉じれば赤く傷跡が残っているのが見えます。
この傷跡はお化粧で誤魔化せる程度のわずかなものでし、術後半年でぱっと見ただけでは気づかない程度に薄くなります。しかし、埋没法よりは傷跡が目立ちます。

・埋没法二重手術
切開法二重手術の場合、わずかですが傷跡が残るのは事実です。ここでは、埋没法による術後の傷跡について見てみましょう。切らずに医療用針と糸を使った埋没法による二重手術は、瞼を内側から糸で留めるプチ整形です。
針で縫ったような傷跡は、術後しばらくは目立ちますが、いずれキレイになくなり、限りなく自然な二重となります。プチ整形を考えている多くの人々にとって最大の関心事は傷跡が残るかどうかです。傷が残るかどうかで判断するならば埋没法は優れた手術法です。
しかし、持続性の観点から見ると、埋没法より切開法が優れています。
切開法では瞼にメスを入れるため、半永久的に二重瞼を保つことが出来ます。一方埋没法だと瞼を糸で留めて二重にしているだけです。そのため糸が切れると一重に戻ってしまう可能性があります。
ただし近頃では、このような埋没法の短所は改善されつつあります。多くのクリニックで糸が切れてしまう可能性を考慮し、保障付きの埋没法二重手術を行っています。
術後数年は一重に戻ってしまっても、無償でまた瞼を留めてくれます。
一重に戻ったとしても、アフターサービスで再び二重に戻ることが保障されているなら、埋没法を試しやすいですね。